演奏会の写真、アップ

IMG_8264 大成功の興奮の余韻が続く「第11回マトゥーリ男声合唱団演奏会」ですが、早くも演奏会当日の膨大な写真を、バリトンの木藤さんがアップしてくれました。以下にリンクを張りましたが、演奏会の模様と、演奏会前のG.P.および打ち上げの模様とに、二つのアルバムになっています。いずれのアルバムからも自由にダウンロードできますので、どうぞゆっくり閲覧の上お好きな写真をお手元にダウンロードしてお使いください。

写真アルバムサイト:(クリックするとサイトに飛びます)
 ・演奏会(全329枚) 
 ・G.P.と打ち上げ(全135枚)

 今年の演奏会の写真はいつもと比べて、大変笑顔の多い、カッコいい写真が多く見られます。撮影者が良いのはもちろんですが、演奏会本番での団員みんなのしっかり用意された演奏への自信のようなものが写真にそのまま映し出されているように思いました、うれしい限りです。

カテゴリー: 交流, 団員から, 報告, 演奏会, 男声合唱 | コメントする

第11回演奏会、無事終了しました。

◆2015.12.16

第11回恒例の演奏会(銀座ヤマハホール、12月16日)が無事終了いたしました。
IMG_6368
当日会場へお越しいただいた皆様にはお楽しみいただけたでしょうか?

今回の初演「海五章」(小林さかえ先生作詞・作曲)は、とても分かりやすく、親しみのある素敵な曲だと大変好評を博しました。

 

IMG_6516

 

また、初めて挑戦した小劇「クリスマスの失くしもの」(ささきやすこ先生台本・演出)は子役(劇団ひまわりの瀧本弦音<たきもとげんと>くん)の名演技に助けられ、合唱団メンバーも何とか頑張りました。出来の程は、いかがだったでしょうか?

今後も、一生懸命練習してより良い演奏会を提供して行きたいと思っておりますので、引き続きご支援をよろしくお願いします。

カテゴリー: 合宿, 報告, 演奏会 | コメントする

さかえ先生の楽譜が印刷・製本されました

小林さかえ男声合唱曲集I

小林さかえ男声合唱曲集I

ピアニストの小林さかえ先生が、合唱団のために作曲、編曲してきた素晴らしい曲たちがやっと印刷、製本されました。2011年の大震災の折に作詩・作曲された「忘れない 忘れまい」の印刷楽譜が、仙台で一緒に歌ってくれた「いずみオッチェンコール」さんによって、彼らの曲集の中に掲載されていましたが、これでやっと自分たちの楽譜を持つことができ、作曲してくれたさかえ先生にも遅ればせながら感謝の気持ちが伝えられます。
印刷・製本されたのは「小林さかえ 男声合唱曲集I」というタイトルで、もちろん「忘れない 忘れまい」を始めとして、合唱団の団歌である「歌おう笑顔で」から、「さくら変奏曲」、それに一昨年から始まった男声合唱のための組曲シリーズ「雪五章」、「桜五章」、来月の演奏会で初演予定の「海五章」まで含めて総ページ数が70ページに及ぶものです。大事に自分たちの楽譜を使っていきましょう。
なお、親しみやすい男声合唱の曲をと考えて作曲されたこれらの曲はマトゥーリだけではなくて、いろいろな男声合唱団のレパートリーとなればと願って、現在、大手楽譜会社にて出版楽譜としての審査に当たってもらっています。うまく合格となれば、きれいな装丁がされた素敵な楽譜として書店に並ぶことになりますが、我々の合唱団が手書きの楽譜を使って練習し、これらを初演してきたことは、もう一つの誇るべき事です。もう本番まで一か月を切るという時期になりましたが、組曲シリーズの第3弾、「海五章」の初演に向けての練習に自然と力が入ってきます。頑張りましょう!

カテゴリー: ショップ, 楽譜, 演奏会, 男声合唱, 練習 | コメントする

合唱団ショップがオープンしました!

shop_chapt ついにマトゥーリ男声合唱団の公式ショップ「shop -i maturi-」が開店です。え、何を売るの?という疑問がまず最初に浮かぶことと思いますが、このショップ・サイトは、ユニークな活動を続けるおじさん達の男声合唱団「マトゥーリ男声合唱団」の演奏や活動をもっと沢山の人達に知ってもらうために開設しました。
 ほんの10人ほどの気の合う仲間達で2005年から始まった合唱団は、昨2014年12月に通算10回目の年次演奏会を開催、11回目になる今年からは未知の新しい10年の活動に入っています。
 毎年、一年の大半を使って12月の演奏会に向けた練習を重ね、その本番ステージに臨みます。そんな頑張りの証である演奏会の模様は1年目からCDに残し、近年では動画も取り入れてDVDにしてきました。団員たちの想い出にと作ってきたものですが、その演奏の模様を外部の方にも楽しんでもらおうと、サイトの中に小さなショップを開設しました。
 このショップでは、マトゥーリの演奏会のCD/DVDや、さかえ先生のオリジナル合唱作品や編曲作品の楽譜を中心に扱いますが、その他、合唱団の指導者達の関連のものをも扱ってゆき、さらには世界のユニークな男声合唱関連の商品もコレクションしていこうと思っていますので、どうぞご期待ください。
 ショップの運営・管理は、「テノールカップ事務所」が責任をもって遂行いたしますので、安心してご活用ください。
 またオープン記念の目玉として、初めて、12月16日の演奏会のチケットを、オープン記念の一割引きで販売します。
 どうぞよろしく、お知り合いにもお知らせください。

カテゴリー: CD&DVD, ショップ, チケット, 交流, 報告, 楽譜, 演奏会, 男声合唱 | コメントする

12月16日にヤマハホールで演奏会です。

2015_chirashi_omote_web 年次演奏会がいよいよ迫ってきました。このところずっと千駄ヶ谷の津田ホールで開催してきた演奏会ですが、今年は初めて銀座の真ん中のヤマハホールに会場を移して開催します。真っ青な海を描いたチラシからもお分かりの様に、今年のテーマは「海」です。その中でも一番の目玉は、何といっても3年目となる男声合唱のための組曲シリーズの新曲「海五章」の初演です。さかえ先生が目指している「親しみやすい男声合唱曲」として今までに「雪五章」と「桜五章」を初演してきていますが、今年の「海五章」も、同じように「海」のテーマに沿って、アカペラあり、ソロ入りありと自由な形の5曲。最後の5曲目の長く感動的な「誓い」はきっと聞いて下さる人達にも大きな感動をもたらすことでしょう。
2015_chirashi_ura_web また今年のゲスト・プリマドンナは、マトゥーリ2回目の登場となるソプラノの阿部雅子さん。ご自身も国立音楽大学の「音楽博士」という偉い称号を併せ持つバロック・オペラの素晴らしいソプラノですが、本年春にめでたくご結婚したばかりの新婚さん、お得意の曲の披露の他に、楽しいお話も聞けるかもしれません。
 それから今年の演奏会にはちょっと変わった趣向も加わります、団員たちによるお芝居です。昨年素晴らしいメリー・ウィドウを演じてくれたソプラノで我が団の副指揮者の佐々木庸子さんの指導・演出によって(たぶん)心温かいクリスマス劇が繰り広げられる予定で、まさに現在、猛練習の最中です。内容については見てのお楽しみ。
その他、指揮者の小林一男、副指揮者の堀内丈弘もソロを歌います。
以上、今年の演奏会は盛りだくさん、ぜひお友達をお誘いの上、楽しみにご来場ください。
12月16日、水曜日、19時開演は銀座のヤマハホールでぜひお会いしましょう。
チケットは、お知り合いの団員にお尋ね頂くか、オープンしたばかりの合唱団ショップ「shop -i maturi-」からもまもなく購入可能になります。

カテゴリー: ショップ, チケット, 演奏会, 男声合唱 | コメントする

新入団員のご紹介:川波拓人さん(テノール2)

    新規入団の川波拓人さん(テノール2)に入団のきっかけ等についてお伺いしました。

2012拓人Q1. 入団のきっかけを教えて下さい

合唱団のテノール2:松田和繁さんと仕事でご縁があり、意気投合。お誘い頂きました!

Q2. 合唱の経験はありますか?

      小学校低学年の時に京都 知恩院の少年合唱団に通っていた記憶はありますが、それ以来まったく無しです。。。

Q3. 好きな歌手・演奏家がありますか?

特にこの人というのは無いです。一時期ジャズシンガーの鈴木重子さんの声に癒されてましたが。

あとは東京FM少年合唱団時代の長男のソロ。

Q4. 好きな歌がありますか?

アンドリュー・ロイド・ウェバーの”PieJesu”

チャゲ&飛鳥の”Walk”

Q5. 趣味や特技がありますか?

      本を読む、歩く、考える

Q6. 座右の銘などがありますか?

      「自ら機会を創り出し 機会によって自らを変えよ」

Q7. 最後に 入団してみての感想などコメントがありましたらお願いします

      ハーモニーが出来上がる過程がドキドキします!

☆ 川波さん ありがとうございました 楽しい合唱団にしていきましょう ☆

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告 | コメントする

夏の合宿を行いました。

    ◆2015.09.05 ~ 07
    マトゥーリ恒例の”夏の合宿”を総勢28名参加のもと山中湖で開催しました。⇒「MATURI写真館
    IMG_4112いつもお世話になっているペンション”シルバースプレー”に宿泊し、両日、準備体操・発声練習・演奏会発表予定曲練習と皆さん真剣にじっくり取組みました。

 
 
 
 
 

    IMG_4116練習の合間には、山中湖畔に弁当持参で出掛け”白鳥さん”も遊びに来てホッとするひと時も過ごせました。

 
 
 
 
 

    IMG_4125
    夜は雨が降り残念でしたが、おいしいバーベキューとお酒でメンバー相互の親睦を深めました。

 
 
 
 
 
 

    12月16日に開催する年末演奏会(於:銀座ヤマハホール)に向け、充実した練習とメンバーの結束を高めることができました。
カテゴリー: その他, 交流, 合宿, 団員から, 報告 | コメントする

小林先生退職記念祝賀会で歌いました

    ◆2015.07.12
      合唱団指揮者(団長)である小林先生の国立音楽大学定年退職に合わせ「小林一男先生退職記念祝賀会」が新宿京王プラザホテル南館4階「扇」の間において開催されました。

先生退職記念

      先生の恩師の方々や後輩・教え子たちに混ざり、マトゥーリ合唱団も参加しました。
      来賓の方々からの楽しい思い出話、プロの方々の素晴らしい歌声、先生の黄金時代の映像に引き続き、我が合唱団も十八番の「シェナンドー」、「マイウェイ」2曲を酔いに任せて暗譜で歌いました。
    出来のほどは、・・・・・??
      団員でプロマジシャンの菅原さんによる素晴らしいマジックの後、先生の生歌4曲も聴くことができ、あっという間の3時間でした。

 

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告, 男声合唱 | コメントする

新入団員のご紹介:渡辺明良さん(テノール1)

    今年1月入団の渡辺明良さん(テノール1)に入団のきっかけ等についてお伺いしました

WatanabeQ1. 入団のきっかけを教えて下さい

    当団設立時に小林先生に声をかけていただいていました。直後、妻が闘病に入り、音楽を行う状況ではなくなりました。昨年末に七回忌を終え「歌いたい」という気持ちが膨らみ、昨年の演奏会後に小林先生に入団の意を伝えました。

Q2. 合唱の経験はありますか?

    大学時代に男声合唱団に所属していました(バリトン)。社会人になって、二十台の頃にゴスペルグループ「亀淵友香とvoice of japan」でゴスペルコーラスを、三十台の頃には「六本木男声合唱団」に所属していました(バリトン)。また、カワイ音楽教室講師のコーラスグループの指導などの経験も少し・・・。

Q3. 好きな歌手・演奏家がありますか?

    テノールは小林一男、バリトンはフィッシャー=ディースカウ。日常良く聴くのは山本潤子、竹内まりや、高橋真梨子、テレサ・テン等の女声アルトヴォーカルです。

Q4. 好きな歌がありますか?

    よく口ずさむ曲は「見上げてごらん夜の星を」、「ダニーボーイ」など。やはりメロディーに力のある曲が好きです。

Q5. 趣味や特技がありますか?

    特技は長年の主夫業で鍛え上げた料理でしょうか。趣味はゴルフ、歩くこと。今、東海道を歩いていまして、現在は静岡県の由比にたどり着いたところです。

Q6. 座右の銘などがありますか?

    「一日一生」

Q7. 最後に 入団してみての感想などコメントがありましたらお願いします

    合唱ではバリトン一筋でした。一度だけでもトップテノールを歌いたくて現在挑戦中です。挫折したらどうかバリトンで引き取ってください。

☆ 渡辺さん ありがとうございました 大活躍を期待しています ☆

カテゴリー: その他, 団員から, 報告 | コメントする

新入団員のご紹介:鈴木敏彦さん(テノール1)

    今年4月入団の鈴木敏彦さん(テノール1)に入団のきっかけ等についてお伺いしました

SuzukiQ1. 入団のきっかけを教えて下さい

    小林団長とは根岸の寿司屋のゴルフ会でお会いし、以来「酒とゴルフとニギリと甲斐駒」てな感じのお付き合いをさせて頂いておりました。この度、団の若返り作戦のお誘いを受けて入団することとなりました。

Q2. 合唱の経験はありますか?

    高校1年春にコーラス部に間違って半年参加。2年前にNHKカルチャーセンター平山ボイトレ教室で半年。

Q3. 好きな歌手・演奏家がありますか?

    クラシックでは  プラシド・ドミンゴ   と   アンドレア・ボッチェリ。

Q4. 好きな歌がありますか?

    My Way 。

Q5. 趣味や特技がありますか?

    趣味)ゴルフ・お酒呑んでの弾語り。

Q6. 座右の銘などがありますか?

    自分を笑える男になれ!

Q7. 最後に入団してみての感想などコメントがありましたらお願いします

    大学4年間ロックバンドボーカルを真剣に。夜は銀座で弾き語りのバイト5年間。おかげで、ムード歌謡を歌わせたら東東京では右に出るものはおりません。変なクセが今少し出る時があります、困ったものです。一昨年、新宿角筈ホールにてオペラデュエットをやる機会があり、ドンジョバンニとメリーウィドーワルツの2曲、ドイツ語とイタリア語でやらせて頂きました。意味わかんない言語覚えるのは大変でした。その時、小林先生に少し相談メールしたのが入団のきっかけだったのかもしれません。

☆ 鈴木さん ありがとうございました 大活躍を期待しています ☆

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告 | コメントする