さかえ先生の楽譜が印刷・製本されました

小林さかえ男声合唱曲集I

小林さかえ男声合唱曲集I

ピアニストの小林さかえ先生が、合唱団のために作曲、編曲してきた素晴らしい曲たちがやっと印刷、製本されました。2011年の大震災の折に作詩・作曲された「忘れない 忘れまい」の印刷楽譜が、仙台で一緒に歌ってくれた「いずみオッチェンコール」さんによって、彼らの曲集の中に掲載されていましたが、これでやっと自分たちの楽譜を持つことができ、作曲してくれたさかえ先生にも遅ればせながら感謝の気持ちが伝えられます。
印刷・製本されたのは「小林さかえ 男声合唱曲集I」というタイトルで、もちろん「忘れない 忘れまい」を始めとして、合唱団の団歌である「歌おう笑顔で」から、「さくら変奏曲」、それに一昨年から始まった男声合唱のための組曲シリーズ「雪五章」、「桜五章」、来月の演奏会で初演予定の「海五章」まで含めて総ページ数が70ページに及ぶものです。大事に自分たちの楽譜を使っていきましょう。
なお、親しみやすい男声合唱の曲をと考えて作曲されたこれらの曲はマトゥーリだけではなくて、いろいろな男声合唱団のレパートリーとなればと願って、現在、大手楽譜会社にて出版楽譜としての審査に当たってもらっています。うまく合格となれば、きれいな装丁がされた素敵な楽譜として書店に並ぶことになりますが、我々の合唱団が手書きの楽譜を使って練習し、これらを初演してきたことは、もう一つの誇るべき事です。もう本番まで一か月を切るという時期になりましたが、組曲シリーズの第3弾、「海五章」の初演に向けての練習に自然と力が入ってきます。頑張りましょう!

カテゴリー: ショップ, 楽譜, 演奏会, 男声合唱, 練習 パーマリンク