組曲《空五章》初演

 近年続いている我が合唱団のオリジナル やさしい男声合唱の組曲シリーズも 《雪五章》《桜五章》《海五章》《道五章》 昨年の《風五章》と続き 折り返しの今年は《空五章》の初演をもってまた新しい空間へと羽ばたきます 
 作詞/作曲の小林さかえ先生の優しい言葉とすぐ胸にしみこむシンプルなハーモニー メロディーもすっかり毎年の待ち遠しいステージとなっています 親しみ易い優しい言葉群に潜むまったく新しいイメージの世界にぜひご期待ください 
 日本語の歌に夢中になった今年は 巨匠・山田耕筰の名曲《からたちの花》《中国地方の子守歌》《この道》の緻密な室内歌曲の世界に挑みます さらには日本民謡の《そうらん節》《斎太郎節》では 日本の漁師唄を力強く歌います 
 後半は モーツァルトの《アレルヤ》(ソプラノ 佐々木庸子先生)《クリスマス・キャロルのメドレー》や《O Holy Night》でクリスマス気分に浸って頂き 毎年恒例の最終ステージはレパートリーからの熱唱に次ぐ熱唱になることでしょう 
12月19日の水曜日 19時開演です 柔らかく豪華な響きの殿堂「トッパン・ホール」にぜひご参集ください

チケット購入は shop -i maturi-  から

カテゴリー: その他, ショップ, チケット, 演奏会, 男声合唱 | コメントする

夏の活動予定

この夏の活動予定をお知らせします
 

新宿区合唱祭

(1) 第38回新宿合唱祭「初夏にうたおう」初出演~終了~
  ・日時:06月09日(土) 12時開演
  ・場所:新宿文化センター 大ホール(入場無料)
※今年から加入した新宿区合唱連盟の恒例の春の合唱祭に初参加です 沢山の合唱団に混ざってもしっかり自分たちのステージが表現できたらと思っています 演奏曲は「赤いサラファン」「忘れない、忘れまい」の2曲 前半の12番目 13時40分頃に出演予定です どうぞ応援に駆けつけてください

(2) 恒例・夏の強化合宿 in 北軽井沢~終了~
  ・日時:08月04日(土)~06日(月)
  ・場所:北軽井沢・石田観光農園
   ⇒「 昨年の合宿風景」をご覧ください
※昨年からお世話になっている北軽井沢の石田観光農園 果物と野菜に囲まれた広大な自然の中での特訓合宿 今年は地元 軽井沢での演奏会出演もセットとなり 大いに盛り上がることでしょう

karuizawa2018summer

軽井沢2018夏

(3) 軽井沢文化協会記念行事出演~終了~
  ・日時:08月30日(木)
  ・場所:軽井沢町 中央公民館
※団員代表のバリトン 斎藤誠さんが理事を務める「軽井沢文化協会」の特別記念行事のコンサートで歌わせて頂けることになりました 軽井沢ゆかりの曲や「マイ・ウェイ」「忘れない、忘れまい」などの演奏の他に 地元の合唱団の歌う「軽井沢組曲」の男声部分も手伝わせて頂きます 
夏の軽井沢 今から大変楽しみです

~無事にすべて終了いたしました!今から暮れの演奏会に向けた練習に集中します。~

カテゴリー: 交流, 合宿, 報告, 演奏会, 男声合唱, 練習 | コメントする

お花見会に参加してきました。<テノール1:松尾>

◆2018.03.31
今年も恒例の合唱団有志による熊谷邸のお花見会に参加してきました。

天候にも恵まれ、駅からのきれいな桜を楽しみながら会場に向かいました。
皆が持ち寄った料理や酒が並べられ、小林先生の乾杯でスタート。
大いに飲み・食べ・しゃべり、また歌い、あっという間でしたが楽しい時を過ごしました。

 

 

帰り道の風に舞い散る花びらに、東京の桜もそろそろ終わるんだなと思いました。

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告 | コメントする

団員のご紹介:畑 久仁昭さん(テノール1)

    団員の畑 久仁昭さん(テノール1)に入団のきっかけ等についてお伺いしました。

Q1. 入団のきっかけを教えて下さい

10年前頃から、カラオケ仲間であった松田和繁(T2パートリーダー)さんと豊田哲也(T1パートリーダー)さんから誘いを受けていて、少し準備期間をおいて、2009年に入団いたしました。

Q2. 入団前に合唱の経験はありましたか?

学生時代の4年間、混声合唱団に所属しておりましたが、卒業後は合唱とは無縁となってしまい、もっぱら演歌を中心とした歌謡曲専門のカラオケばかり歌っていました。
仕事帰りの飲み会のあとの二次会のカラオケなので、どんどん発声が悪くなっている自覚があったので、発声を鍛え直すきっかけになればと思って入団しました。そしたら、なんと毎回、小林一男先生自らの歌声を聴かせてもらえるし、その指導法についても毎回目から鱗が落ちるようなわかりやすい事にいつも感動しております。
ずっとグリークラブには憧れを持ってはいましたし、特にトップテノールを歌えるというのは最高の喜びでもあります。

 

Q3. 好きな歌手・演奏家がありますか?

テノール歌手で一番は、小林一男先生、あとは、カレーラスの甘い歌声も大好きです。
バリトン歌手では、ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウが最高です。
また、ポップスでは、 アンディーウィリアムズ。歌謡曲では、五木ひろし、美空ひばり。
楽器演奏では、ピアニストの辻井伸行が良いですね。
バイオリニストは劉薇さん、中国の香り漂う素敵な響き。
ギターは、なんといってもマエストロ、アンドレス・セゴビアが最高です。。

Q4. 好きな歌がありますか?

イタリア民謡(オーソレミヨ・・・)、演歌(山河、悲しい酒・・)、などなど数知れず。

Q5. 趣味や特技がありますか?

書道(師範)書道教室と筆ペン講座を開いています。その他 水彩画、テニス。
八ヶ岳に移住して5年、地元で男声合唱アンサンブル「JAO」を結成して歌ってます。

Q6. 座右の銘などがありますか?

初心忘れず。

Q7. 公開してもよい自己サイト、関連サイトがありますか?

※ 神左の趣味倶楽部
※ JAO やまなし合唱フェスティバル2015(YouTube)

Q8. その他

演奏会の収録ビデオを編集して、Youtube へのアップとDVDの制作をしております。

☆ 畑さん どうもありがとうございました 。 ☆

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告 | コメントする

団員のご紹介:桑原 裕さん(テノール2)

    団員の桑原 裕さん(テノール2)に入団のきっかけ等についてお伺いしました。

Q1. 入団のきっかけを教えて下さい

11年前、親友の岡村君から、同期会の帰りに、「合唱をやっているので、見に来ないか」と誘われました。
この時は、「あまり興味ないので」と断りました。
翌年、また、同期会の帰りに誘われたので、「じゃ、見に行くよ」と一緒に、MATURIの練習を見に行きました。
練習は、3時間もあるので、「岡村君と同じT2で皆に交じって歌ってみてください」という先生のご助言で、一緒に、歌いました。
終了後、先生から、何故か「あなたは合格です。早速入団してください。次回から来てください。」と言われました。
考えてみると、人数が足りなかったからではないでしょうか。
それから、練習に参加しました。

Q2. 入団前に合唱の経験はありましたか?

ありません。ただ、小学校、中学校で、歌は好きでした。会社では、よく「カラオケ」に行きました。

Q3. 好きな歌手・演奏家がありますか?

ビートルズ。

Q4. 好きな歌がありますか?

”小柳るみ子の「瀬戸の花嫁」がすきです。
これには、理由もあるのですが。

Q5. 趣味や特技がありますか?

山登り。4~5年前までは、欧州アルプスの山々を登りました。モンブラン、モンテローザなども登りました。昔、日本の北アルプス、南アルプス、八ヶ岳など沢山登りました。
ゴルフも大好きです(40年)。油絵を画きます(30年)。ピアノを弾きます(25年)。
全部アマチュアです。

Q6. 座右の銘などがありますか?

 オンとオフで人とのつながりを大切にする。

Q7. 公開してもよい自己サイト、関連サイトがありますか?

あまりよくできていませんが、私の会社のホームページです。
株式会社GVINのHP

Q8. 最後に 入団してみての感想などコメントがありましたらお願いします

入団3年目に、MATURI英国公演に参加いたしました。
この時、私が、長く英国に滞在していたことを、小林先生が重視され、先生の挨拶や、間合いの言葉などを、英語で皆さんにお伝えしました。
英国に滞在した時(英国公演の10年以上前)の秘書に駆けつけてもらい、大いに助かりました。
英国公演は、大成功でした。
私は、まだ、ほぼ100%現役です。
「日本(特に企業)と世界(特に欧州)のかけ橋」のような仕事をしています。
それで、年に、6~7回は海外(殆ど欧州)に出かけています。
そのうちの1回、欧州アルプスによって、トレッキングなどを楽しんでいます。

☆ 桑原さん どうもありがとうございました 。 ☆

 

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告 | コメントする

東日本大震災義援金を送金しました。

昨年12月6日の当合唱団定期演奏会(トッパンホール)におきまして、「東日本大震災義援金」募金箱に多くの募金を頂き厚く御礼申し上げます。
募金総額は26,900円でした。この金額に合唱団からの義援金23,100円を加えた50,000円を、日本赤十字社に送金させて頂きました。
ご協力有難うございました。

2017義援金送付受領書

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告, 演奏会 | コメントする

第13回演奏会 無事終演しました

    ◆2017.12.06
    第13回目となる恒例の「マトゥーリ男声合唱団演奏会」 今年も昨年に続いて水道橋のトッパンホールにて たくさんの方々のご来場を頂き 無事に終演いたしました 室内楽の殿堂の柔らかな木製の響き環境に包まれた中での演奏は大変幸せな一夜となりました 

    注目の W. カルテット

    初めて取り上げたロシア民謡ではダブル・カルテットが登場して大きな注目を浴びました 新曲のお披露目では 組曲《風五章》(小林さかえ作詞・作曲)の生まれたばかりの新鮮なメロディーを耳に刻み込んでいただき それに続いたステージで 世界中で愛され歌い続けられているロシア・アイルランド・イタリア・沖縄からの懐かしいたくさんの歌を 思い切り歌い飛ばしました 

    大活躍のソプラノ佐々木庸子さん

    指揮 おしゃべり進行 にプラスしてソロの歌声も聞かせた小林一男団長の他 佐々木庸子さんの指揮ぶりやソプラノ独唱の素敵な歌声も存分に楽しんでいただけたことと思います 

    フィナーレは大好きな沖縄《島唄》で

    この演奏会をもって我々「マトゥーリ」は新しいスタートをします 今後もより魅力的な演奏・ステージを目指して研鑽して行きたいと思っています どうぞ今後とも皆様の変わらぬご支援をお願い申し上げます ありがとうございました
カテゴリー: 報告, 演奏会 | コメントする

秋の早い北軽で合宿

    ◆2017.09.23 ~ 25
    毎年恒例の強化合宿、指導陣3名を含めた総勢29名が参加して初秋の北軽井沢で敢行されました。

    今回初めてお世話になる”石田観光農園”は知る人ぞ知る本格的合唱団合宿のメッカのようです。併設された3つあるホールも少々古いようですが使い勝手が良くて、何よりも木造の柔らかい響きが耳に優しいのがいい。現地集合してのカレー昼食の後、さっそくBホールに集合し準備体操から発声、パート練習、そして年末の演奏会の演奏予定曲の練習と、下界の騒音から遮断された豊かで貴重な時間をみんなで過ごしました。
    2日目、午前練習の後は、オーナーの案内で約16,000坪の観光農園を散策。リンゴの木の下でのお弁当、木からもぎ取った新鮮な果物を食べたりと開放的な楽しいひと時を。
    午後は最大の山場の仕上げ練習。疲れもピークに達したみんなの声は、癖のあった力任せの「のど声」が、脱力した体からの素直な息の流れに乗った「いい声」に変り、力の抜けた耳には周りの仲間たちの声と自分の声が混ざりあって一つの響きとなり、集中力の極まった演奏体験、まさに魔法の時間となりました。
    やることをやり遂げた最後の夜は、農園で採れる豊富な種類の美味しい野菜と野趣あふれるバーベキュー、まさにチャンポン状態で飲む多量のアルコールで深夜過ぎまで盛り上がり、メンバー相互の親睦はより一層深まりました。
    12月6日に開催する年末演奏会(於:トッパンホール)に向け、これからの練習にメンバー全員、頑張るぞ!
     ———
    ★合宿の模様を「MATURI写真館」に公開しました ⇒《2017強化合宿スナップ集》
カテゴリー: 交流, 合宿, 団員から, 報告, 練習 | コメントする

演奏会~2017風に吹かれて~発表

    秋の声を聴いたとたんに 年末演奏会のチラシが出来上がってきました
    今年は夏休みをゆっくり過ごした後の9月後半 軽井沢にて強化合宿を組み 万全を期して演奏会の準備に取り掛かります
    今年の目玉は 近年恒例となっている小林さかえ先生作曲の男声合唱のための組曲「風五章」の初演です 自然の倍音で構成される男声合唱の心地よいハーモニーに包まれて やさしく親しみやすく 覚えやすいメロディーを今年も他に先駆けて体験できる貴重なシーンとなるでしょう
    その他に今年は世界各地の名高い よく知られた民謡の数々を イタリア ロシア それに沖縄からと集めて楽しくみんなで歌い飛ばします
    8月初めに亡くなられた我が団の相談役兼現役バリトン団員であった斎藤暁さんの特別のリクエストがあって演奏曲に入ったロシア民謡は 副指揮者 佐々木庸子先生の熱心な指導・指揮の下で きっと感慨深いステージとなることでしょう
    どうぞ今から周りのたくさんの方にお声を掛けて頂き 12月6日19時~ 室内楽の殿堂・トッパンホールでの演奏会にぜひご来場ください 団員一同 心からお待ちしております
    *****
    「マトゥーリ男声合唱団演奏会」
    ~2017 風に吹かれて~
    日時:2017年12月6日 19:00開演
    会場:トッパンホール(飯田橋)
    チケット:¥3,000(全席自由)*
    出演:マトゥーリ男声合唱団 小林一男(テノール/指揮者) 小林さかえ(ピアノ/作曲・編曲) 佐々木庸子(ソプラノ/副指揮者)
    演奏曲目:・男声合唱のための組曲「風五章」(日本初演)・Down by the Sally Gardens ・ロシア民謡(赤いサラファン カチューシャ ともしび)・イタリア民謡(フニクリ・フニクラ サンタ・ルチア 海に来よ! 帰れソレントへ)・沖縄の歌(花 島唄 芭蕉布)他 レパートリーから
    *****
    *チケットは団員から直接 または本サイトの「shop-i maturi-」からお求めください(ただ今 売り出し中)
カテゴリー: その他, チケット, 合宿, 報告, 演奏会, 男声合唱, 練習 | コメントする

団員からのウンチク:「フニクリ・フニクラ」(by 桑原 裕)

    ヴェスヴィオ山を登る登山電車「Funicolare」

    マトゥーリの皆さんへ
    今イタリアの有名な歌「フニクリ・フニクラ」を歌っていますが、これにちなんで、関連する経験談を下記します。
    この山は、英語名「ヴェスヴィアス」山ですが、通称は、ヴェスヴィオ山です。土地の人達は皆さん、「ヴェスヴィオ」と親しく読んでいます。1.281メートルです。低いようですが、海岸線から、切り立っている山ですので、非常に高度感がある山です。つまり、登りたくなる山です。

    以下、ウィキペディアからの抜粋です。
    ●紀元79年8月24日の大噴火が有名であり、この時の火砕流でポンペイ市を、土石流でヘルクラネウム(現エルコラーノ)を埋没させた。
    ●1880年には山麓から火口まで登山電車(フニコラーレ)の「ヴェズヴィアナ鋼索線」が開通。
    ●これを記念して作られた歌(いわゆるコマーシャルソング)が「フニクリ・フニクラ」である。
    ●この登山電車は前述の1944年の噴火で破壊された。

    したがって、今は、登山電車はありません。ほんの少し、軌道らしきものが残っていますが、地盤の変形で、残骸のようになっています。沢山の別荘のような家の跡もありますが、これも、地盤の変形で、荒れ果てた姿になっています。
    私は、確か1999年と思いますが、このヴェスビオ山に登りました。頂上からは、ナポリから、ポンペイまでの海岸が真下に見えて、素晴らしい景色でした。カプリ島がすぐそこに見えました。ソレント市もすぐ南に見えました。

    ナポリ港とヴェスヴィオ山

    ヴェスビオ山には、ナポリから登りました。
    実は、ナポリのホテルから、早朝7時に、タクシーで、行けるところまで行ってほしいと、ドライバーにお願いしました。日本へ帰国する日の朝です。飛行機が午後1時に、ナポリ空港から出発するので、タクシーで、行けるところまで行けば、登れると確信しました。ドライバーにチップをはずんだのです。そして、タクシーにそこで私の帰りを待っていてもらいました。

    頂上までは、丁度富士山のように、火山灰、火山岩の登山道で、3歩登って、1歩下がるという具合です。これを、実は、時間が無かったので、駆け登ったのです。約2時間くらいで、頂上に達しました。ものすごく大きな爆裂火口でした。爆裂火口には降りられません。まだ、相当の噴煙が立ち登っていました。まだ、活火山ですね。外輪山を行けるところまで行きましたが、途中からは、切り立っていて登れません。多分一周はできないと思います。また時間が無いので、一周することは諦めました。
    頂上+外輪山(の一部)で、景色を堪能し、急いで、山を駆け下りました。時間が無いのと、タクシーが本当に待っていてくれるかどうか、心配だったのです。タクシーは待っていてくれました。急いで、ホテルに戻り、荷物を載せて、ナポリ空港に急ぎました。午後1時の、パリ行き飛行機(パリから日本に帰国しました)に間に合いました。無事帰国できました。

    この後も事後談があるのですが、それは、何かの機会にします。
    桑原 裕

カテゴリー: 交流, 団員から, 報告, 旅行, 楽譜, 演奏会, 男声合唱 | コメントする