秋の早い北軽で合宿

    ◆2017.09.23 ~ 25
    毎年恒例の強化合宿、指導陣3名を含めた総勢29名が参加して初秋の北軽井沢で敢行されました。

    今回初めてお世話になる”石田観光農園”は知る人ぞ知る本格的合唱団合宿のメッカのようです。併設された3つあるホールも少々古いようですが使い勝手が良くて、何よりも木造の柔らかい響きが耳に優しいのがいい。現地集合してのカレー昼食の後、さっそくBホールに集合し準備体操から発声、パート練習、そして年末の演奏会の演奏予定曲の練習と、下界の騒音から遮断された豊かで貴重な時間をみんなで過ごしました。
    2日目、午前練習の後は、オーナーの案内で約16,000坪の観光農園を散策。リンゴの木の下でのお弁当、木からもぎ取った新鮮な果物を食べたりと開放的な楽しいひと時を。
    午後は最大の山場の仕上げ練習。疲れもピークに達したみんなの声は、癖のあった力任せの「のど声」が、脱力した体からの素直な息の流れに乗った「いい声」に変り、力の抜けた耳には周りの仲間たちの声と自分の声が混ざりあって一つの響きとなり、集中力の極まった演奏体験、まさに魔法の時間となりました。
    やることをやり遂げた最後の夜は、農園で採れる豊富な種類の美味しい野菜と野趣あふれるバーベキュー、まさにチャンポン状態で飲む多量のアルコールで深夜過ぎまで盛り上がり、メンバー相互の親睦はより一層深まりました。
    12月6日に開催する年末演奏会(於:トッパンホール)に向け、これからの練習にメンバー全員、頑張るぞ!
     ———
    ★合宿の模様を「MATURI写真館」に公開しました ⇒《2017強化合宿スナップ集》
カテゴリー: 交流, 合宿, 団員から, 報告, 練習 | コメントする

演奏会~2017風に吹かれて~発表

    秋の声を聴いたとたんに 年末演奏会のチラシが出来上がってきました
    今年は夏休みをゆっくり過ごした後の9月後半 軽井沢にて強化合宿を組み 万全を期して演奏会の準備に取り掛かります
    今年の目玉は 近年恒例となっている小林さかえ先生作曲の男声合唱のための組曲「風五章」の初演です 自然の倍音で構成される男声合唱の心地よいハーモニーに包まれて やさしく親しみやすく 覚えやすいメロディーを今年も他に先駆けて体験できる貴重なシーンとなるでしょう
    その他に今年は世界各地の名高い よく知られた民謡の数々を イタリア ロシア それに沖縄からと集めて楽しくみんなで歌い飛ばします
    8月初めに亡くなられた我が団の相談役兼現役バリトン団員であった斎藤暁さんの特別のリクエストがあって演奏曲に入ったロシア民謡は 副指揮者 佐々木庸子先生の熱心な指導・指揮の下で きっと感慨深いステージとなることでしょう
    どうぞ今から周りのたくさんの方にお声を掛けて頂き 12月6日19時~ 室内楽の殿堂・トッパンホールでの演奏会にぜひご来場ください 団員一同 心からお待ちしております
    *****
    「マトゥーリ男声合唱団演奏会」
    ~2017 風に吹かれて~
    日時:2017年12月6日 19:00開演
    会場:トッパンホール(飯田橋)
    チケット:¥3,000(全席自由)*
    出演:マトゥーリ男声合唱団 小林一男(テノール/指揮者) 小林さかえ(ピアノ/作曲・編曲) 佐々木庸子(ソプラノ/副指揮者)
    演奏曲目:・男声合唱のための組曲「風五章」(日本初演)・Down by the Sally Gardens ・ロシア民謡(赤いサラファン カチューシャ ともしび)・イタリア民謡(フニクリ・フニクラ サンタ・ルチア 海に来よ! 帰れソレントへ)・沖縄の歌(花 島唄 芭蕉布)他 レパートリーから
    *****
    *チケットは団員から直接 または本サイトの「shop-i maturi-」からお求めください(ただ今 売り出し中)
カテゴリー: その他, チケット, 合宿, 報告, 演奏会, 男声合唱, 練習 | コメントする

団員からのウンチク:「フニクリ・フニクラ」(by 桑原 裕)

    ヴェスヴィオ山を登る登山電車「Funicolare」

    マトゥーリの皆さんへ
    今イタリアの有名な歌「フニクリ・フニクラ」を歌っていますが、これにちなんで、関連する経験談を下記します。
    この山は、英語名「ヴェスヴィアス」山ですが、通称は、ヴェスヴィオ山です。土地の人達は皆さん、「ヴェスヴィオ」と親しく読んでいます。1.281メートルです。低いようですが、海岸線から、切り立っている山ですので、非常に高度感がある山です。つまり、登りたくなる山です。

    以下、ウィキペディアからの抜粋です。
    ●紀元79年8月24日の大噴火が有名であり、この時の火砕流でポンペイ市を、土石流でヘルクラネウム(現エルコラーノ)を埋没させた。
    ●1880年には山麓から火口まで登山電車(フニコラーレ)の「ヴェズヴィアナ鋼索線」が開通。
    ●これを記念して作られた歌(いわゆるコマーシャルソング)が「フニクリ・フニクラ」である。
    ●この登山電車は前述の1944年の噴火で破壊された。

    したがって、今は、登山電車はありません。ほんの少し、軌道らしきものが残っていますが、地盤の変形で、残骸のようになっています。沢山の別荘のような家の跡もありますが、これも、地盤の変形で、荒れ果てた姿になっています。
    私は、確か1999年と思いますが、このヴェスビオ山に登りました。頂上からは、ナポリから、ポンペイまでの海岸が真下に見えて、素晴らしい景色でした。カプリ島がすぐそこに見えました。ソレント市もすぐ南に見えました。

    ナポリ港とヴェスヴィオ山

    ヴェスビオ山には、ナポリから登りました。
    実は、ナポリのホテルから、早朝7時に、タクシーで、行けるところまで行ってほしいと、ドライバーにお願いしました。日本へ帰国する日の朝です。飛行機が午後1時に、ナポリ空港から出発するので、タクシーで、行けるところまで行けば、登れると確信しました。ドライバーにチップをはずんだのです。そして、タクシーにそこで私の帰りを待っていてもらいました。

    頂上までは、丁度富士山のように、火山灰、火山岩の登山道で、3歩登って、1歩下がるという具合です。これを、実は、時間が無かったので、駆け登ったのです。約2時間くらいで、頂上に達しました。ものすごく大きな爆裂火口でした。爆裂火口には降りられません。まだ、相当の噴煙が立ち登っていました。まだ、活火山ですね。外輪山を行けるところまで行きましたが、途中からは、切り立っていて登れません。多分一周はできないと思います。また時間が無いので、一周することは諦めました。
    頂上+外輪山(の一部)で、景色を堪能し、急いで、山を駆け下りました。時間が無いのと、タクシーが本当に待っていてくれるかどうか、心配だったのです。タクシーは待っていてくれました。急いで、ホテルに戻り、荷物を載せて、ナポリ空港に急ぎました。午後1時の、パリ行き飛行機(パリから日本に帰国しました)に間に合いました。無事帰国できました。

    この後も事後談があるのですが、それは、何かの機会にします。
    桑原 裕

カテゴリー: 交流, 団員から, 報告, 旅行, 楽譜, 演奏会, 男声合唱 | コメントする

【おくやみ】団創設者の斎藤暁さんが逝去

    当団創設者で相談役の斎藤暁氏が去る8月4日に逝去されました。享年83歳。

    斎藤 暁(さいとうあきら)氏:2014年12月16日津田ホールにて「第10回演奏会~マトゥーリ、桜を歌う~」から

    斎藤さんはNHKのテレビ界で長く、演出家・プロヂューサーとして活躍され、NHKエンタープライズ21代表取締役社長、NHK専務理事、放送総局長と大役を歴任されました。
    当団では2005年5月の創設時からまさに生みの親として中心的に関わって頂き、今日まで現役バリトン団員としてみんなと一緒に歌いながら、相談役として細かいご指導をしてくださいました。
    去る7月末の練習日にも笑顔を絶やさない元気なお姿を見せて、いつもの真ん中2列目で歌っていた姿が最後となりました。
    8月11日の午前、落合祭場(新宿区)にて告別式がしめやかに執り行われ、団員達による「ふるさと」の合唱で最後のお別れをさせて頂きました。

    ご冥福を心よりお祈り申し上げますと共に、当団への長年にわたる多大なご指導に対し、深く御礼申し上げます。
    マトゥーリ男声合唱団・団長
    小林一男

カテゴリー: その他, 交流, 報告, 旅行, 演奏会, 男声合唱, 練習 | コメントする

お花見会に参加してきました。<テノール1:松尾>

    ◆2017.04.01
    毎年恒例の合唱団有志による熊谷邸のお花見会に参加してきました。
    あいにくの天気でしたが、会場には熊谷さんの奥様の実家から届けられた桜が生けられ、
    皆が持ち寄った料理と酒も並べられました。
    小林先生の乾杯に続き、大いに飲み・食い・しゃべり、また歌い、あっという間でしたが楽しい時を過ごしました。
    きれいな桜を観ながらの帰り道も、なかなか良いものでした。
カテゴリー: 団員から, 報告 | コメントする

夏合宿の日程が決定しました。

◆2017.03.31

    毎年恒例の夏合宿が決まりました。
    今年は年次演奏会の日程も年末に戻したため、年に一回の演奏会に向けて充分に準備ができ、集中力を高めながらも保てるよう、例年の真夏を避けて9月後半の開催といたします。
    会場も山中湖から軽井沢へと変更し、マトゥーリ、リニューアルの原動力となるような実り多い合宿を目指します。
    日程:2017年9月23日(土)~25日(月)
    会場:北軽井沢・石田観光農園

今からしっかりご予定をお願いします。

カテゴリー: 合宿, 報告, 練習 | コメントする

東日本大震災義援金を送金しました。

    ◆2017.02.03
    昨年11月23日の演奏会(トッパンホール)には多くの皆様のご来場を頂きました。
    当日、会場に設置した「東日本大震災義援金」にも多くの募金を頂き重ねて御礼申し上げます。
    募金総額12,903円に合唱団からの義援金17,097円を加えて計30,000円を日本赤十字社に送金しました事をご報告させて頂きます。

    2016義援金送付受領書

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告, 演奏会 | コメントする

第12回演奏会、無事終了しました。

    ◆2016.11.23

    恒例の第12回演奏会(トッパンホール、11月23日)が無事終了いたしました。
    素晴らしい響きの会場での演奏は、お楽しみいただけたでしょうか?今回初演の「道五章」(小林さかえ先生作詞・作曲)は、聴く方の人生経験等によりいろいろな光景が浮かんでくる素敵な曲だと大変好評を博しました。また、指揮者の小林先生、ゲスト・プリマドンナの池田史花さんの素敵な歌声も堪能していただけたと思います。
    今後もより良い演奏会の提供を目指して研鑽して行きたいと思っておりますので、引き続きご支援をよろしくお願いします。
カテゴリー: 報告, 演奏会 | コメントする

11月23日にトッパンホールで演奏会です。

12th-concert_1
年次演奏会までいよいよ1ケ月となりました。今回は6年ぶりにトッパンホールで開催します。今年のテーマは「道」です。その中でも一番の目玉は、男声合唱のための組曲シリーズの新曲「道五章」の初演です。
さかえ先生が目指している「親しみやすい男声合唱曲」として今までに初演した「雪五章」、「桜五章」、「海五章」に続く4作目となります。
 
また今年のゲスト・プリマドンナは、ソプラノの池田史花さんをお迎えしており、素敵な歌声を聴かせていただけると思います。その他、指揮者の小林一男もソロを歌います。
2016/10/12th-concert_2
ぜひお友達をお誘いの上、楽しみにご来場ください。
チケットは、お知り合いの団員にお尋ねくださるか、本サイトのお問い合わせからお申し込みください。
 

カテゴリー: その他, ショップ, 演奏会, 男声合唱 | コメントする

新入団員のご紹介:松田 貴志さん(テノール2)

    新規入団の松田 貴志さん(テノール2)に入団のきっかけ等についてお伺いしました。

t_matsudaQ1. 入団のきっかけを教えて下さい

セカンドテノールの松田(和)さんに誘われて、ヤマハホールのクリスマス発表会に 伺った事がきっかけです。 そこで聴いた「My Way」に感銘を受けました!

Q2. 合唱の経験はありますか?

小学校の合唱コンクール以降、合唱経験はございません。カラオケ一筋40年です!

 

Q3. 好きな歌手・演奏家がありますか?

ゴスペラーズ、新島聖子さん などなど。
楽器を奏でるがごとく、調べに乗ってくる澄んだ声が魅力的です。

Q4. 好きな歌がありますか?

”Desperado/EAGLES”・・・・・切なくも前向きに生きて行こうと思えるメロディが好きです。

Q5. 趣味や特技がありますか?

趣味がなかったので、マトゥーリが趣味になるといいなと思っています。
特技はお酒を創ることでしょうか?
学生時代、なぜか5年間?! アルバイト でバーテンダーをしてました。

Q6. 座右の銘などがありますか?

 「Think Logically, Act Emotionally」

Q7. 最後に 入団してみての感想などコメントがありましたらお願いします

 右も左も分からず、ただただ現場力を発揮して、皆様に付いて行くのが必死です。
そんな私を温かく受け入れて頂いている皆様に感謝です。
1日でも早く皆様と共に素晴らしいハーモニーを奏でられるようになりたいと思います。
宜しくお願い致します!

☆ 松田さん ありがとうございました 。 期待の若手としてご活躍ください!!☆

 

 

カテゴリー: その他, 交流, 団員から, 報告 | コメントする